グレンフィディック

グレンフィディック

グレンフィディック 12年

1963年に、ブレンデッド用ではなく、初めてシングルモルトとして世界に輸出したのがグレンフィディック。伝統的な製造工程で12年以上熟成させたモルト原酒のみでつくられています。ロビー・デューの泉の恵まれた水質、スペイサイドの大地で厳選された原材料の大麦、ハイランド地域の新鮮な空気と小型蒸溜釜でつくられた素晴らしい味わいのモルトです。

グレンフィディック 15年

1963年に、ブレンデッド用ではなく、初めてシングルモルトとして世界に輸出したのがグレンフィディック。スペインのシェリー酒と同製法のソレラシステムを採用。シェリー樽、オーク樽、新オーク樽の3種類の樽で最低15年間熟成したモルトをヴァッティングしたバランスのよいモルトです。

グレンフィディック 15年 ソレラリザーブ

グレンフィディックはシングルモルトを最初に売り出した蒸留所であり、蒸留からボトリングまで一貫して行うスコットランド最大の蒸留所。
15年はシェリー酒の熟成に用いられるソレラ・システムを応用したもので、シングルモルトとしては初の試み。
豊かなアロマとなめらかな口当たり、深みのある旨さを実現した。

グレンフィディック 14年 リッチオーク

14年以上熟成した原酒を、ヨーロピアンオークとアメリカンオークの2種類の新樽で後熟、ヴァッティングしました。スパイシーな味わいやバニラを思わせる甘みと、ウッディな香味が調和、余韻が長く続きます。

グレンフィディック セレクトカスク

特別に選ばれた熟成バーボン樽、ヨーロッパオーク樽、赤ワイン樽で熟成され、 ソレラ製法を用いてよりなめらかで複雑な風味が引き出された、気品のあるシングルモルト。
グレンフィディックの開拓者精神の賜物です。

グレンフィディック 15年 ディスティラリー・エディション

グレンフィディックはシングルモルトを最初に売り出した蒸留所であり、蒸留からボトリングまで一貫して行うスコットランド最大の蒸留所。
香:新鮮・中甘口で非常に豊かなボディを示していて、非常にソフトなキャラクター、レモンとリンゴのフルーティーさが特徴。
味:中甘口でなめらか、まろやかでミディアム・ボディ、柔らかいピート香があります。フィニッシュは長く、新鮮、良好なスモーキーさが柱となっています。

グレンフィディック モルトマスターズエディション

モルトマスターズ・エディションは、訓練された科学者でもある同蒸留所のモルト・マスター“Brian Kinsman”初のマスター・エディションで、2つの違うオーク樽で熟成させた、異なった熟成年数の原酒をマリッジ(シェリー樽を使用)させた初めてのグレンフィディックです。 それぞれのバッチが、それぞれの異なる樽から複雑で芳醇なフレーバーを与えられています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする