カリラ(CAOL ILA)

アイラモルトの中でも個性が強烈で超辛口のモルト。
スモーキーでピートとヨード香が強く、ピリッとした辛さが舌に残ります。
より刺激を求めるアイラ党にオススメのモルト。

蒸留所

カリラ蒸留所はアイラ島ポートアスケイグ港の1キロほど北にありアイラ海峡をはさんで正面にはジェラ島のパップス山が見える位置にある。
この海峡周辺はスコットランドの西海岸で最も美しい場所のひとつと言われているとともに、アイラ海峡は川のように潮が流れる海峡で、ロブスターやカニの漁場となっている。
カリラは「アイラ海峡の意味」。
建てられたのは1846年創業者はヘクター・ヘンダーソン、創業後何度かオーナーが代わり現在はUDV社の系列。
1974年に古い建て替えられて比較的近代的な蒸留所になっているとともに、見学ツアーや売店などユーザーを招くことができる蒸留所になっている。
ポットスチルはストレートヘッド型で6基、一つ一つのサイズも大きく年間の生産量は310万リットルとアイラ島の蒸留所では最大の規模を誇る。

仕込み水

仕込み水は蒸留所から1.5キロほど離れたナムバン湖の水を利用している。ナムバン湖はミネラルを多く含みピート色の濃い湖。

メモ

所有者 UDV社
設立年 1846年

発酵槽 カラ松×8基
蒸留器 初×3基 再×3基
仕込水 ナムバン湖
ブレンド銘柄 バロックレイド、ジョニーウォーカー、スウィングなど
見学 見学ツアー、売店あり

銘柄

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする