スポンサーリンク
STRONG ZERO

【-196℃ ストロングゼロ ダブル完熟梅】を飲んでみたので感想をレビューします

サントリーの人気缶チューハイ、196℃STRONG ZWERO(ストロングゼロ)シリーズ。 毎日のように晩酌でお世話になっていますが、その中でも個人的に一番好きでよく飲んでいるのが今回紹介するダブル完熟梅です。 キャッチコピーは、 ...

【焼酎職人チューハイ 藤五郎ウメ】を飲んでみたのでレビュー

JR東日本地域におけるNewDays・NewDays KIOSKなどで限定発売されている焼酎職人チューハイ、藤五郎ウメです。 新潟産の藤五郎梅を100%使用しており、キャッチコピーは「こだわり抜いた焼酎のリッチな味わい」。 リッチな味わ...
グレープフルーツ

【(期間限定)キリン氷結 Red vs White】を飲んでみたのでレビュー

2019年12月3日より期間限定で発売されているキリン氷結のRedとWhiteです。 Redは、リオレッドグレープフルーツとラズベリーのコラボ。 じゅわっと甘酸っぱくもグレープフルーツの苦味でキュッと締まっている感じ。ちょっと大人な...
SPEYSIDE(スペイサイド)

ブレイヴァル(BRAEVAL)

1970年代にシーグラム配下のシーバス・ブラザーズ社がスペイサイドの山奥に二つの蒸留所を建てた。一つがアルタベーン蒸留所でもう一つがこのブレイヴァル蒸留所。その為、この蒸留所で製造された全てはシーバスリーガルなどのモルト原種として使用されて...
ISLAY(アイラ)

ブナハーブン(BUNNAHABHAIN)

ブナハーブン蒸溜所はポートエレン港と並ぶポートアスケイグ港からさらに北へ4kmほど行ったはずれ、人里離れた入り江に位置している。正面にはジュラ島の島影が見え、背後には険しい岩山が控えてる位置。ブナハーブンとはゲール語で「河口」の意味。 ...
ISLAY(アイラ)

ブルイックラディ(BRUICHLADDICH)

ブルイックラディ蒸留所は、ボウモアからインダール湖をはさんでちょうど対岸に見える位置で、車で20分ほど西に行ったところにある。ブルイックラディはスコットランドでもっとも西に位置する蒸留所で、ゲール語で「海辺の丘の斜面」を意味する。 創業は...
HIGHLAND(ハイランド)

ブレアアソール(BLAIR ATHOL)

ブレアアソールは、パース州の保養地として古くから知られるピトロッホリーの外れに位置する蒸留所です。 このピトロッホリーの街は、かつて夏目漱石がロンドン留学中に保養に訪れた場所でもあり、漱石が滞在したダンダラック・ハウスは現在ホテルになって...
ISLAY(アイラ)

ボウモア(BOWMORE)

「アイラの女王」とも呼ばれる気品あるスモーキーフレーバーが特徴のボウモア。 アイラ島中心、ボウモア町の小さな港のそばに建つ蒸留所。大海に浮かぶ要塞のような位置で風の強い日には波しぶきが当たり蒸留所に足を踏み入れると潮の香りが漂ってくる...
SPEYSIDE(スペイサイド)

ベンリネス(BENRINNES)

ベンリネスとはスペイサイドでもっとも高い山の名前で標高840メートル。蒸留所はベンリネス山の北麓、標高213メートルのところに建てられている。最初は現在の位置から1キロほど離れたホワイトハウス農場に1826年に建てられたが、1829年の大洪...
SPEYSIDE(スペイサイド)

ベンリアック(BENRIACH)

蒸留所 ベンリアックの創業は1898年。ジョン・ダフ社によって創業したが、すでにウイスキー産業が衰退に向かっている時期で創業わずか2年で閉鎖される。その後長らくウイスキーの生産は行われていなかったが、1972年グレンリベット社と合併したの...
スポンサーリンク